シミを皮膚科で消す!皮膚科シミ治療のまとめ | シミ取り相談室

シミを皮膚科で消す!皮膚科シミ治療のまとめ【皮膚科の選び方・料金・治療法】

シミ皮膚科@シミ取り相談室 シミ対策

シミを皮膚科で消す!皮膚科シミ治療のまとめ【皮膚科の選び方・料金・治療法】

「化粧品・エステ・美容外科でシミ対策を頑張ってきたのに、シミが薄くならない…!」

そんな方にこそ試して欲しいのが、美容皮膚科での治療です。

シミ消し治療なら皮膚科!とおすすめする理由、実際のレーザー・薬などの治療方法、料金なども交えて詳しく紹介していきます。

  • 色々試してきたけど、これで最後にしたい
  • いい加減、しっかり効果を感じられる治療を受けたい
  • 最短・最安値でシミを消したい

という方に、とっても役立つ内容に仕上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

効果的なシミ取りなら(美容)皮膚科がおすすめ

シミ取り治療・ケアは皮膚科以外にも、エステ・美容外科で受けることができます。

ですが、本記事ではあえて皮膚科をおすすめしていきます。

というのも、エステ・美容外科・皮膚科・美容皮膚科では、それぞれ治療の目的・できることの範囲がまったく違うからです。

 

エステ

お肌を美しく見せることが目的で、医療行為は禁止されています。

そのため、エステに通ったからと言ってシミが消えることはなく、できても薄くなる程度です。

 

美容外科

美容外科は顔や体の造形を整えることを目的とします。

皮膚に関してより専門的な知識を持っているとは言い切れず、美容を目指して施術するため保険は適応されません。

 

皮膚科

「皮膚の病気を治療する」ことを目的としています。

シミを皮膚科で取る場合には、一般的には薬(塗り薬・飲み薬)による治療ですが、皮膚科によってはレーザー治療が可能な場合もあります。

保険適応可能な場合もありです。

 

美容皮膚科

美容皮膚科では「皮膚の病気の治療」と「美容目的の治療」の両方を得意とします。

保険適応可能な場合もありです。

 

エステや美容外科では、皮膚に関する知識が皮膚科に比べると劣り、「シミだと思っていたものが実はアザだった」「悪性の病気だった」ということもあります。

その場合、いくら治療にお金をかけてもシミが消えることがないどころか、悪化する可能性も…。

皮膚に関する医学的な知識をもとに、最適な治療方法が提案でき、治療の実践ができる(美容)皮膚科がもっともおすすめですです。

シミ皮膚科3@シミ取り相談室

シミで悩む人向け、皮膚科の選び方ポイント3つ

シミの治療は皮膚科であればどこでもokという訳ではありません。

これさえ押さえれば満足度がグンと上がる!皮膚科選びのポイントを3つまとめてみました。

 

1:カウンセリングが丁寧で肌の状態をしっかり確認してくれる

「私のシミに効果的な治療法は?最安値の方法は?」といった質問に、お肌の状況を見てから丁寧に説明してくれる皮膚科がおすすめ。

シミと一言にいっても、実はアザや肝斑である可能性もあります。

シミの原因が特定できる場合は適切な治療法を、数種類のシミが混在している場合には様々な治療を組み合わせ様子を見ながらプランを構築するなど、お肌の状況を見て納得の行く説明をしてくれる皮膚科を選びましょう。

 

2:医師が施術を担当すること

看護師が施術をするケースもありますが、リスクの少ない方法(出力を下げる)などの消極的な治療になりがちです。

必ず医師が施術を担当してくれることを確認しましょう。

 

3:シミ取り用のレーザー機器を多数保有している

シミには複数の原因があり、それぞれに対応するレーザーの種類が違います。

治療のオプションが広範囲から選べるような皮膚科だと、安心して通い続けることができるでしょう。

 

シミの治療は皮膚科で保険適法になる?

「皮膚科なんだから、治療は保険適応になるよね?」

その答えは、治療内容や皮膚科によって違うというのが、現状です。

 

◇保険適応になるケース・ならないケースについて

シミ治療で保険適応になるケースは、太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、外傷性色素沈着など、生まれつきの病気や怪我由来によるシミ治療だけです。

 

◇大体のシミ治療にかかる料金・相場について

シミの大きさによりますが、小さいシミであればレーザー治療1 箇所5,000円〜受けられます。

相場は1回あたり5,000円〜2万円になることが多いです。

ただ、顔全体にシミができている場合は、1回4~6万円程度が相場です。

シミの濃さ・大きさによって何度照射するのかは変わってきますが、部分的なシミであればトータル3 〜5 万円程度の範囲で治療を完了できるでしょう。

意外にもリーズナブルですよね!

詳細価格には個人差があります。まずは(美容)皮膚科でカウンセリングをしてみてください。

 

■シミを取りたい!皮膚科でのアプローチ方法【薬&レーザーとは?】

皮膚科ではいったいどんな方法でシミにアプローチできるのでしょうか?

薬とレーザー治療の内容について紹介していきます。

 

シミを体の中・外から消す!皮膚科で処方される薬

外用薬として処方されやすいもの。

  • ハイドロキノン軟膏
  • トレチノイン軟膏

どちらもシミを薄くする効果があると言われますが、使用方法を間違えると白斑ができる、赤みや皮むけを引き起こすなどの報告も。

医師の指示のもと、正しく使うことが欠かせません。

 

内服薬として処方されやすいもの。

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • L-システイン

体の内側から、肌代謝を整えたり、メラニンができにくくするなどの効果を発揮します。

シミ皮膚科2@シミ取り相談室

最先端マシンでシミ取り!皮膚科でできる治療内容

レーザー治療

Qスイッチルビーレーザーなど。

ピンポイントでレーザーを照射し、皮膚の内部のメラニン色素を分解→肌代謝とともに排出させることでシミを消す方法です。

部分的なシミ治療に有効。

 

光治療

フォトフェイシャルなど。

広範囲のシミや、皮膚の表面にあるごく浅いシミに対して有効なのが、光治療・フォトフェイシャルと言われるものです。

 

ディープクレンジング・ピーリング

プロの技術で自分ではできない、お肌の汚れを取り、ターンオーバーの正常化・シミの予防などに役立てることができます。

 

イオン導入

美白成分・シミに効果的な成分を分子を小さくしてお肌の奥まで届ける治療方法です。

 

皮膚科・美容皮膚科では、飲み薬・塗り薬だけでなく、シミの原因にアプローチできるマシンを使用した治療方法で、効果的なシミ取り対策を叶えることができます。

 

まとめ

シミを本気で取りたいなら(美容)皮膚科がおすすめの理由、相場や治療方法の内容についてご紹介しました。

シミの原因によっては保険適応でシミ消しが可能になる場合も!

原因を間違えて独断で高額な市販化粧品や、エステに通ったとしても、シミの原因に合った内容でなければ、ほとんど効果を発揮しません。

医師に診てもらうことで、不安が和らぎますし、実感力もかなり違います。

セルフのシミケアに限界を感じはじめたら、皮膚科での治療をぜひ検討してみてください。