シミとサプリ~サプリはシミに対してどこまで効果を示すのか | シミ取り相談室

シミとサプリ~サプリはシミに対してどこまで効果を示すのか

お肌の悩み

「シミ」は、非常に厄介なものです。私たちの顔を老けて見せてしまうものですし、気になる人はとても多いといえます。

この「シミ」に対する対抗策はいくつかあります。たとえば、レーザー治療やサプリメント(以下「サプリ」)、塗り薬などです。ただ、これらの選択肢は、それぞれ働きかけられる「範囲」が異なります。

今回はこのなかから「サプリ」を取り上げ、サプリがシミに対して及ぼす効力について解説していきます。

 

「シミを治すサプリ」は存在しない   

サプリのホームページなどを見ていると、「これを飲めばすでにできてしまったシミも、きれいに消え失せるように見えるように謳っている商品」をよく見かけます。

しかし、どれほど優秀なサプリであっても、すでにできてしまったシミを完全に治すことはできません。そもそもサプリはあくまで「栄養補助食品」に分類されるものであって、直接的に肌のシミに対して働きかけることはできないのです。サプリは薬とは異なるため、飲めば症状が改善する……ということはないと考えてください。

また、余談ですが、肌に塗る美白ケア用のアイテムであっても、基本的にはすでにできてしまっているシミを薄くしたり、消したりすることはできません。できるのはあくまで「予防」までです。

この意味では、サプリは「すでにできてしまったシミに対しては効果を発揮しない」ということになります。

なお、サプリと薬はその形状が似ているため非常に分かりにくいのですが、タブレット型の「薬」ならば、できてしまったシミに対しても働きかけることができます。特に薬品関係の会社の打ち出している商品の場合、薬とサプリが同じページで紹介されていることがあるので注意が必要です。すでにできてしまっているシミに対する「治療」として使いたいのであれば、「薬」を使わなければなりません。

 

サプリメントはまったく無意味か?

ただ、「サプリメントがまったく無意味か?」といわれると、そうともいえません。

サプリメントは、上記で述べたように、「栄養補助食品」に分類されるものです。食べ物として摂取するよりもすばやく、ピンポイントに、必要な栄養素を体のなかに取り入れることが可能です。そしてこの「栄養素」は、私たちの体をかたちづくる基本となるものであると同時に、「シミのできにくい肌」を作るためにも役立つものです。

たとえば、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE。これらは合わせて「ビタミンACE(びたみんえーす)」とよばれているものです。1つずつとっても体に良い影響を与えますが、3つを一緒にとることで相乗効果を発揮するといわれているものです。

 

・ビタミンA

ビタミンAは抗酸化作用を示すとともに、皮ふや粘膜を正常で健康な状態に保つ役割のあるものです。

 

・ビタミンE

ビタミンEは血行の促進に関わり、肌のハリを保つために役立つものだといえます。新陳代謝にも関わってくる栄養分ですから、若々しい肌を保つためにも必要なものです。

 

・ビタミンC

そして、ビタミンC。ビタミンCはビタミンACEのなかでも特によく美容関係の記事で取り上げられるものであり、美容に深く関わるビタミンのうちのひとつです。これは美白成分として美白化粧品にも配合されている成分で、メラニンの発生リスクを抑えます。また、コラーゲンの生成を促すことのできる成分でもあり、肌をシミやそばかす、たるみから守ってくれるものでもあります。

 

これらはもちろん食べ物からとることができるものですし、そもそも「サプリですべての栄養をまかなう」という考え方は危険です。ただそれでも、日焼けやシミに対して対抗することのできる(そして普段の食生活のなかで不足する可能性もある)ビタミンなどの栄養素を、ピンポイントで補えることは、サプリメントの大きな利点です。

 

日焼け対策と食事の見直しを行いながらサプリをとる

このように考えていくと、「サプリに過大な期待を寄せることはできないが、サポート役としてサプリを使うことは悪いことではない」といえます。食生活を見直しビタミン類を積極的にとりながら、足りない栄養素をサプリで補いましょう。

サプリ自体には紫外線を全ブロックする効果はないため、日焼け止めをきちんと使うことは何よりも重要です。日焼け止めは、シミ対策の基本中の基本だといえます。ただ、日焼け止めを使ったり食事の見直しを行ったりしたうえで、サプリで体の内側からシミ対策を考えていくことは有用だといえます。

また、ここでは「医薬品に分類されていないサプリ」を中心に取り上げてきましたが、紫外線・シミ対策の医薬品もよく販売されています。物によっては通販やお店でも気軽に買うことができるので、これを利用するのもよいでしょう。

シミは、一度できてしまうと完全に消すのにとても苦労するものです。まずは「作らないこと」を意識しながら、体の内外からケアをしていきましょう。

 

 

 

<画像サイト>

https://pixabay.com/ja/