シミを消す食べ物まとめ!美白効果のある栄養素が摂取できる7つの食材 | シミ取り相談室

シミを消す食べ物まとめ!美白効果のある栄養素が摂取できる7つの食材

美白成分のお話
https://test.luce-cosme.com/?p=77

シミを消す食べ物まとめ!美白効果のある栄養素が摂取できる7つの食材

「シミが毎年増えている」「美白クリームを使っているのに改善されない」など、自分の顔にできてしまったシミについて密かに悩んでいる方は多いでしょう。

どんなに高い美白化粧品を使っていても、内側からのケアを怠っていては美しい肌をつくることはできません。私たち人間の身体をつくっているのは、口から入ってくる「食べ物」です。

 

念入りなスキンケアも大切ですが、シミの改善や予防に必要となる栄養素をしっかり摂取していなければ、外側からのケアの効果も半減してしまいます。

 

そこで、今回はシミを消す食べ物として「美白効果」のある栄養素が摂取できる7つの食材をまとめました。ぜひ、普段の食生活にも積極的に取り入れてみてくださいね。

シミ取り相談室11

シミを消す効果がある栄養素は?

すでにできてしまったシミを薄くし、新しくシミが発生するのを予防するために有効な栄養素は、ビタミン類と言われています。

中でも「ビタミンエース(ACE)」と呼ばれている、ビタミンA、C、Eには抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果的。

 

ここでは、それぞれのビタミンについて、その特徴と摂取するメリットをご紹介します。

 

ビタミンA

ビタミンAは、もともとお肌の中に存在しているビタミンで、紫外線からお肌を守る役目を果たしてくれています。また、強力な抗酸化作用を持っているため、細胞の老化によるシミやシワを予防する働きもあるのです。

 

お肌のターンオーバーを活性化し「肌代謝」を高める作用もあり、すでに発生してしまったシミ(メラニン色素)を外へ排出させる働きも期待できます。

 

ビタミンC

別名「美肌ビタミン」とも呼ばれているのが、ビタミンCです。

肌の弾力をつくるために不可欠な「コラーゲン」を体内で生成するためにも必要な栄養素のひとつ。

 

ビタミンCに含まれているチロシンという成分が、シミの原因である「メラニン色素」の発生を抑えてくれる効果もあるため、シミ予防・シミ改善には欠かせないビタミンとも言われています。

また、ビタミンA同様に強い抗酸化作用を持っているので、黒っぽく色素沈着を起こしてしまったシミの元にアプローチして、徐々にシミの色を薄くする効果がわかっています。

 

ビタミンE

ビタミンEは「抗酸化剤」としても使われているほど、抗酸化作用に優れた栄養素です。

シミの原因となる紫外線などのあらゆる外部刺激からお肌を守り、シミを予防します。

 

シミを消すためには、お肌が正しく生まれ変わることが大切。

ビタミンEには血行促進効果もあるため、お肌のターンオーバーを活性化して正常なサイクルへと導くことも知られています。

 

シミを消す効果がある食べ物7選

シミを消すための栄養素が豊富に含まれている食べ物は、意識して探してみると実は結構存在するのです。

今回は、スーパーでも年中通して入手しやすい食材から厳選して10種類をご紹介します。

 

1.トマト

トマトには、抗酸化作用の高いビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。

さらにトマトの中でも代表的な栄養素として「リコピン」があり、その抗酸化作用はビタミンEのおよそ100倍とも言われているのです。

 

リコピンには、シミの原因となるメラニン色素をつくりだす「チロシナーゼ」という酵素の発生を抑える働きがあり、シミ予防にも効果的ということがわかっています。

 

2.キウイフルーツ

キウイフルーツには、ビタミンCが多く含まれています。特にグリーンキウイの場合には、1個あたり「レモン8個分以上」ものビタミンCを摂ることができる優秀な食べ物です。

 

シミを消すためには、まずメラニン色素の過剰生成を抑えることが大切。

キウイフルーツなら、「1日に摂取すべきビタミンC」をたった1個食べるだけで補うことが可能です。

シミ取り相談室12

3.パプリカ

食べ物に含まれるビタミンCは「熱に弱い」という特徴があります。しかし、パプリカに含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくいのが優秀なポイント。調理しても、しっかりと栄養素を摂取することができます。

 

また、βカロテンを多く含んでいるため、シミやたるみなどの肌老化を防ぐ働きが期待できるのも嬉しい点です。パプリカには赤いものと黄色いものがありますが、シミを消す目的で食べるのであれば、断然赤パプリカ!

赤パプリカに含まれているカプサイシンは、強力な抗酸化作用を持っているため別名「シミ消し野菜」とも呼ばれているほどです。

 

4.キャベツ

いつでも手に入りやすい野菜として馴染みの深い「キャベツ」ですが、実は美肌効果が抜群な食べ物なのです。

キャベツにはビタミンCがたくさん含まれており、ビタミンK、βカロテンも摂取することができます。

 

特に春キャベツは、通常のキャベツと比較するとビタミンCの含有量が1.3倍、カロテンが3倍にもなるため、絶対に見逃せません。

春キャベツは、柔らかくて食べやすいので「キャベツが苦手」という方にもオススメですよ。

 

5.かぼちゃ

かぼちゃの可食部が黄色なのは、βカロテンの色素だと言われています。そのβカロテンは、体内に入るとビタミンAに変化して、肌のターンオーバーを促進する効果を発揮するのです。

ビタミンAの働きにより、シミの元となっている「メラニン色素」がお肌の表面から排出されていきます。かぼちゃを食べることで「シミを消す効果」を実感できるのは、まさにβカロテンのおかげといっても過言ではないでしょう。

 

かぼちゃは固くて「切るのが大変」という方も多いかもしれませんが、最近ではスーパーで「カット野菜」としてスライスされたものが販売されていることも。

スチームケースに入れてレンジで温野菜にすると、そのまま簡単に食べられるのでオススメですよ。

シミ取り相談室13

6.緑茶

緑茶は食べ物というより「飲み物」のカテゴリに入るのかもしれませんが、手軽に摂取できる美容ドリンクなので、あえてご紹介させていただきます。

緑茶には、シミ予防に効果的なビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは熱に弱いとされていますが、緑茶に含まれるビタミンCは熱に強い性質を持っているのです。

 

さらに、ビタミンCは水溶性ビタミンのため水やお湯に溶けやすく、「飲み物」として摂取するには最適。

冷やして飲んでも効果は変わらないので、水分補給をする際には緑茶を選ぶと良いでしょう。もちろん、コンビニで購入できるペットボトル飲料でも問題ありません。

 

7.鶏レバー

鶏レバーはビタミンの含有率が非常に高く、たった50gを食べるだけで成人が必要とするビタミンAの1日摂取量をまかなうことができます。

 

また、ビタミンB群や鉄分も豊富に含まれており、肌の新陳代謝を高めて「シミ」を薄くしていく作用も期待できます。

「レバーが苦手」という方も多いかもしれませんが、もしも苦手ではなければ積極的に食べて欲しい食品のひとつです。

 

まとめ

今回の記事では、「シミを消す効果が期待できる食べ物」を厳選して7種類ご紹介してきました。

テレビに出ている芸能人やモデルさんなどを見て「シミがなくて羨ましいわ…」とため息をついている場合ではありません!

 

お肌がキレイな人は、見えないところで小さな努力を積み重ねているもの。忙しくて多くの食材を調理するのが難しい場合には、ブレンダーやジューサーを使って「スムージー」を作って飲むのもオススメです。

 

毎日のように口にする「食べ物」は、お肌にダイレクトに反映されます。食生活を少し変えるだけでも、お肌の調子に変化を感じられるはずですよ。

シミができやすい体質の方こそ、シミを消す効果の高いビタミンC、ビタミンA、ビタミンEを野菜や果物から意識的に摂るよう心がけてくださいね。